「体がだるい」その原因とは?

「体がだるい」その原因とは?

本来、疲れやだるさは休息によって回復します。
ですが、休んでも疲れが取れない倦怠感が続く場合は、思わぬ病気が潜んでいる事もあります。

体がだるい
 

主なだるさの原因

体がだるいと感じる原因は主に4つあります。
 

肉体疲労

多忙な日々が続き、寝不足になり体に疲れが溜まると、必然的にだるさを感じます。

精神疲労

例えば仕事や家庭環境、対人関係などが原因でストレスがかかると、慢性的な倦怠感に襲われます。長引くと心の病気を引き起こす事があります。

栄養不足

体のエネルギー源になる炭水化物や、代謝を助けるビタミンB群が不足すると、倦怠感を起こしやすくなります。また鉄分不足も貧血を招き、倦怠感に繋がります。

病気の症状

倦怠感の中には、病気の症状として現れるものがあります。
日常的に慣れて放置してしまうと、病気が進行してしまう可能性があります。

だるさの原因が先の3つに当てはまらない場合は、放置せずに病院を受診する事をおすすめします。

病気の症状
 

だるい症状は男性より女性に多い傾向

女性の社会進出が盛んになり、仕事に家事、育児と肉体的・精神的に負担は増え続けています。

これと言って病気ではないのに、「体がだるく思うように体が動かせない」「疲れやすい」などの症状に悩まされている女性は、次のような原因があるかもしれません。

 
貧血

女性には月経があるので、鉄欠乏性貧血になりやすい傾向があります。

体内の鉄分が不足すると、赤血球中のヘモグロビンが減り、体内への酸素供給量が減ってしまいます。
そのため、だるい・疲れやすいといった症状がでます。
 
 
低血圧
朝の起床がつらいのが低血圧の代表的な症状です。

体を動かす事で全身の血行を促し、だるさが改善されます。
だるいからといって寝ているのではなく、適度に体を動かしてみましょう。

また、血行不良は体温を下げてしまうので、平熱が低めの人もだるさを訴える事が多いです。

低血圧 
便秘
男性に比べ、女性に多いのが便秘です。

便秘になると、免疫機能でとても重要な腸機能の働きが乱れ、免疫機能が低下します。
そのため、だるくなり疲れやすくなります。

腸機能の低下により風邪をひきやすくなったり、食欲不振になるなど、不調の大きな原因になります。

便秘の原因は、運動不足やストレスです。
また、骨盤の歪みも影響が大きいです。
 
 
手足の冷え
手足の冷えは、疲れを回復させるのに大切な睡眠の妨げになります。

手足の冷えの一因として、食生活の乱れや運動不足が原因で、皮膚感覚に麻痺が起こります。
皮膚感覚が麻痺すると、体温調整が上手く働かず手足の冷えにつながります。

手足の冷え
 

だるさ予防・改善

食生活の改善
栄養のある食材を積極的に取り入れて、疲労回復力・自然治癒力の改善、また、体力・筋力をつけて、疲れに対しての免疫のアップが期待できます。
 

タンパク質

筋肉や内臓・皮膚・骨などの体の様々な部位を構成する重要な栄養素です。

筋肉の疲労回復にはアミノ酸が必須で、タンパク質が分解される事でアミノ酸になり体に吸収されます。

卵・乳製品・魚介類・肉類などに多く含まれています。
 

ビタミンB群

摂取した食べ物をエネルギーに変える為の代謝エネルギーです。
ホルモンの生成、分泌、貧血改善の働きもあります。

納豆・ナッツ・カツオ・豚肉等に多く含まれています。
 

ブドウ糖

頭を使う時、甘いものを欲する事はありませんか?
それはエネルギーが不足しているからです。

ブドウ糖を摂取する事で、脳の疲労回復に役立ちます。

パンやご飯、ラムネやチョコレートはブドウ糖が多く含まれています。
一方で食べ過ぎると肥満の原因となるので注意です。


 
血行の改善
全身に栄養を送っているのは血液です。

血液の働きは栄養・熱・ホルモン・酸素を全身に送り届ける事です。

血流が悪いと体のあちこちに不調が現れます。
信号でいうと黄信号です。

体のだるさや、不定愁訴は病気の前触れともいわれています。

身体の小さな不調にも耳を傾け、血行改善に効果的な習慣を日常に取り入れる事をおすすめします。

血行改善
 

 

出典

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
日本医協学院発行
健康管理士向け教本より

(健康管理士 山田 真二 要約)
 
無料登録はこちらから
カタログ・資料請求はコチラから