腰が辛いときの楽な姿勢~交流磁気の力で腰の違和感・肩こりをほぐしませんか~

腰が辛いときは無理せず楽な姿勢をとりましょう

腰が辛いときは無理せず楽な姿勢をとりましょう

慢性的な腰の違和感・痛みを抱えている場合、動きたくない位の辛さが出てきます。そのようなときは無理をせず、横になって楽な姿勢をとりましょう。

具体的には、仰向けになって膝の下にクッションを入れる、もしくは脚を伸ばさずに膝を立てて寝る姿勢です。また、横向きになって身体を少し丸めるのもよいでしょう。辛い腰の痛みは疲労や負担の蓄積で、一時的に大きく悪化してしまうケースもあるため安静が必要です。

ただ、状況によっては横になれないシーンが、日常生活の中ではよくあります。そのようなときは、お相撲さんのように、四股立ちの姿勢をとるとよいでしょう。股関節を大きく広げ、腰を落とすようにして膝を曲げます。その姿勢によって、腰周辺の筋肉に対してのストレッチ効果を期待できます。

心の疲労「うつ」が腰の違和感・肩こりを招くことも…

心の疲労「うつ」が腰の違和感・肩こりを招くことも…

腰の違和感・肩こりを招く原因が思いつかない場合、もしかしたら心の疲労が関係しているかもしれません。

例えば、心の疲労「うつ」によって脳がパニックを起こすと、その不安から身体化が現れます。身体化とは、いわゆるストレス反応を指す言葉で、動悸・息苦しさ、胃腸の違和感、寝つきの悪さが主な反応です。

これらの反応は自律神経によってコントロールされています。心的ストレスが強い状態にあると、筋肉が緊張して血管を圧迫した結果、血流不足が起こって肩こり・腰痛を招いても不思議ではありません。心当たりがありましたら、きちんと医師に相談しましょう。

交流磁気を使う電気磁気治療器は身体のこり・血行の促進に役立つ

交流磁気で心のこりは癒せませんが、腰の違和感・肩こりといった“身体のこり”はほぐせます。【柏の葉キャンパス磁気治療院】で体験できる電気磁気治療器は、電気的に磁界を発生させ、その磁場を利用して血行を促進させる管理医療機器です。

交流磁気が1秒間に50回あるいは60回、N極とS極の極性を変化させて、全身の血行を改善し、筋肉のこりをほぐします。交流磁気を使う電気磁気治療器にご興味がありましたら、ぜひご相談ください。

交流磁気を使った治療器をレンタルするなら【柏の葉キャンパス磁気治療院】で

サイト名 柏の葉キャンパス磁気治療院
運営会社 株式会社クオリティー
住所 〒277-0872 千葉県柏市十余二357番地15 中央243街区4 2F
TEL 04-7186-7512
FAX 04-7186-7513
受付時間 平日9~18時
URL https://jiki.biz/