電気磁気治療器から発生する交流磁気の正体

「電気磁気治療器から交流磁気が発生している」と聞いても、あまりピンとこないと思います。身体のコリと血行を改善する効果があるとはいえ、よくわからない機器を使用するのは不安が残ります。こちらでは、交流磁気の基本知識をお伝えいたしますので、電気磁気治療器への興味につながれば幸いです。

交流磁気の正体とは

コンセント

交流磁気とは、電磁石に交流電気を通して発生させる磁場のことです。交流電気は家庭用のコンセントに流れている電流のことで、一定の周期で電圧の大きさと流れる向きが変わります。1秒間に交流する周期は、東日本が50回、西日本は60回です。

電気と磁気は、いずれも反発したり引き合ったりする極性(電気はプラスとマイナス)があり、よく似た法則を持っています。

そのため、電磁石に交流電気を流すと、発生する交流磁気も1秒間に50回/60回、N極とS極の極性が変化(変動磁場)します。

電気磁気治療器に交流磁気を使用する理由

クエスチョンマーク

交流磁気はN極とS極が一定の周期で変化しますので、時間と共に磁場の強さや向きが変化しない定常磁場に比べ、磁場の範囲が広いという特長があります。それは、電磁石の中に電流が流れると、電磁力が働くからです。

電磁力とは?

電磁石には元からある磁場(定常磁場)が左から右に向いています。そこに電流を流すと、新たに発生した磁場が円を描くように、左回りに広がっていきます。この2つの磁場が平行になった場所では互いに力を強め合い、反対にぶつかり合う場所では力を弱め合います。

すると、磁場に強いところと弱いところが生まれます。この「強いところから弱いところに向かって働く力」こそ、電磁力です。

交流磁気が発生している部分ではこの電磁力が働くため、交流磁気を使用した電気磁気治療器からは、磁場をシャワーのように浴びることができます。

柏の葉キャンパス磁気治療院では、交流磁気を使用した電気磁気治療器「ソーケン」を体験できます。ソーケンは磁気を発生させて身体のコリ・血行を改善する管理医療機器です。筋肉は疲労の積み重ねで緊張し、その状態が長期化すると固まってしまいます。同時に血管が圧迫されて血行不良を招いてしまいますので、健康維持に電気磁気治療器を役立てたい方はお気軽にお問い合わせください。

交流磁気を利用してコリと血行を改善する管理医療機器

サイト名 柏の葉キャンパス磁気治療院
運営会社 株式会社クオリティー
代表者 代表取締役社長 大竹 智久
住所 277-0872 千葉県柏市十余二357番地15 中央243街区4 2F
TEL 04-7186-7512
FAX 04-7186-7513
受付時間 平日9~18時
アクセス 柏の葉キャンパス駅から徒歩で約12分
事業内容 磁気治療器販売、AED(自動体外式除細動器)販売事業、放課後等デイサービス、児童発達支援事業、電気工事事業
許可証 高度管理医療機器等販売・貸与業許可証(許可番号 柏保 第0410号)
URL